昨年、私は単身赴任の引越しを行いました。私の会社員生活

公開日: 

昨年、私は単身赴任の引越しを行いました。私の会社員生活において初の単身引越しでした。
会社の規則により複数社から見積書をもらい、一番安い業者を選ぶのですが、赤帽が最安値となりました。
最初は不安があったものの、手際よく引越し作業を進めてくださったので、次の引越しの時も赤帽に依頼したいと思いました。
友達が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを提出してもらいました。
非常に愛想の良い営業の人が来てくれて、親身に相談にのってくれたのです。想像したより安い値段で見積もってくれたので、その日に即断しました。引越しそのものもたいへん丁寧に作業してくれて、言うことなしです。
これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
まず、当日のスケジュール調整をしましょう。引っ越し業者の人が何時に来て、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。
全ての荷物は搬出しやすい場所にまとめておきます。業者さんだけでなく、引っ越しに関係する全ての人のため冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。
作業の終わりに飲み物を出すだけで、夏だと、とても感謝されます。
忘れられていた様々なものが引っ越しの時に出てきますが、不要品は必ず出てきます。
様々なものを処分するのは大変です。こんな時に朗報があります。引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。また、業者によっては、ものによってですが有料処分が原則になっているものをリサイクルなどの扱いで無料回収を行うところもあるので引っ越し業者に聞いてみてください。「引越しソバ」という慣習とは引越しをして来た際にお隣さんへのご挨拶として持っていくものです。私も一度だけですがもらったことがございます。
ソバのように細く長く、長く続くご縁をこれからよろしくお願い申し上げます。
という感じのメッセージが込められたものだそうです。引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思っても必ずやっておくべきです。
家賃を払って借りていた物件の場合には、不動産屋さんや物件の所有者が立ち会うことになります。敷金をいくら返すかに関わってきますから、可能なかぎりキレイに掃除するようにしてください。
また、修繕を要する箇所を、両者がチェックすることで、トラブルを未然に防ぐことにもなります。何回引っ越しを経験しても、いつだって、その準備は大変なものです。慣れない引っ越しなら尚更でしょう。
引っ越しの負担を軽減するためには、まずは、時間と気持ちに余裕を持った計画を立て、そして、あまり考え過ぎずに大まかに計画を実行します。計画に沿ってきちんと実行できるのであればそれが一番良いのですが、手続きや書類記入の作業に追われて、家の中のことをうっかり忘れされてしまうことが良くあるのです。
ある程度おおまかに計画を実行しておけたならば、多少の遅れがあっても気持ちに余裕が持てると思います。
いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になるのが転出届を市区町村役場に提出することです。
さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵送での受付もできますので、調べてみてください。
また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。転居する日の2週間前くらいから、転居届の提出ができる市区町村が多いようです。
未婚時での引っ越しは、電化製品や家具も大型のものがなく、引越し会社に頼むことなくすることができていました。ところが、結婚してから引っ越しを行うと、冷蔵庫や洗濯機などの家具や電化製品が大型になり、大掛かりな作業となるため、業者に頼むことにしました。
引っ越し業者にお願いすると、電化製品の設置までやってくれるので、自分で引っ越しをするより楽でした。
引っ越しに慣れていない方にとって往々にして、引っ越しは一生でも転換期になり得るわけですが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることもあっておかしくありません。引っ越し当日は特に忙しいものですが、やらなければならないことがたくさんある中で想定外の事態が生じると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。業者に引っ越しを頼む場合、金銭面の負担は避けられませんが、業者によっても必要経費が変わります。後から後悔しないためにも、安くて安心な業者を選択したいですね。たとえ費用が最安値でなくても、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスを行っている所もあるようです。
ですから、見積もりをとる時には複数の引っ越し業者にお願いして、付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。近年においては、実行する人も少なくなったかもしれませんが、家族やお手伝いの人と、引っ越し作業のあとでソバをいただく、といった古くからおこなわれてきた習慣があります。
どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけて「細く長く」お付き合いをと縁起をかついだのと、ソバに越してきましたので、よろしくというダジャレもこめて引っ越し先のご近所に配ったとされており、江戸時代あたりから見られる習慣のようです。
マンションやアパートですと、今では隣人はどんな人なのか、ほとんどわからないということがごく普通になっています。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、大変なことがあったときに助けを求められるような関係は保っていた方が良いでしょう。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、両隣に挨拶に行くことをおすすめします。
私はこの町で仕事に就いたため、およそ10年前に今のアパートへの引っ越しをしました。最初の考えでは、3年くらいいたらここを離れて実家に帰る予定で、住所変更しなくても良いと思っていました。
ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、辞めるタイミングが見つからず、結婚の話まで出てきて、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今さらですが、住民票を動かしたいのです。
軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。たとえば、荷造りをしているときです。カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、手を傷つけることも珍しくありません。
荷物移動の際には、言うまでもなく荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。
軍手を用意するときに注意しておきましょう。
手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。
それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑