同市内とか隣町くらいの近距離

公開日: 

同市内とか隣町くらいの近距離を引っ越しするなら専門業者を使わなくても、家族や友人の手を借りるなどで、引っ越しはできます。方法を説明しますと、とにかくまず、自家用車を使って運べるだけの荷物を日数をかけて運んでいくようにします。
少量ずつ時間をかけて運んでいくことでたくさんの荷物を運ぶことができます。問題は大型家具ですが、これらは一日だけトラックをレンタルし、全ての荷物の運搬を済ませてしまいます。この方法を実行できれば、費用は大幅にコストカットできるはずです。先日引っ越しをしましたが、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、お金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。荷物の移動が一段落したところで、転入届を市役所で出してきました。いろいろなハプニングもありましたが、思いがけない人が協力してくれるもので、人のありがたみを知りました。
どうにか当日中にご近所に挨拶して、手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。
引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思っても必ずやっておく方がいいでしょう。賃貸契約だった場合には、不動産屋さんや物件の所有者が立ち会うことになります。敷金をいくら返却するか関わってきますから、とにかくキレイにクリーニング作業をしておいてください。また、リフォームを要するところを、お互いに調べることで、トラブルを防ぐことにもつながります。
これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。
まず、翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。いつ引っ越し業者が来て、作業終了の目標は何時かなどの決められた時刻を確認し、人の動きを調整します。搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんと手伝ってくれる人のために冷たい飲み物を準備することが大事です。
作業が終わったところで、飲み物を出せば特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。
さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。数が多いので困ってしまいますが、選択に迷ってしまうのであれば全国に支店のある大手にしておくとやはり間違いがなさそうです。実際の会社名を挙げるとするなら、テレビCMなどでもおなじみのアリさんマーク引越社などです。全国展開しているような大手ですから、利用人数が桁違いです。社員教育もしっかりしている場合が多いですし、安心して引っ越しを任せることができるでしょう。
引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはり近所とのコミュニケーションを円滑に進めるという点から言っても必要なものです。
さて、挨拶には何か贈答品を用意する必要がありますが、のし付けをどうするのが良いのかで悩む方も多いのではないでしょうか。
あまり堅苦しいものも良くありませんので、のしのタイプは外のしにして、表書きに「御挨拶」、のし下に「自分の苗字」を記載するようにしておけば引っ越しの挨拶として相応しいものになるでしょう。新たな住居と、引っ越しの日取りが決まったところで、簡単なもので充分ですから、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。荷物の梱包などを極端に早く開始すると今現在の生活が少し、不自由になることもあるでしょう。ですが、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎて間に合わなくなって忙しい思いをするでしょう。ですから、セオリーとしては今の生活で使用しないもの、蔵書や衣服などからパッケージしていけばきっと間違いはないでしょう。都会のマンションやアパートでは、最近はどんな人が隣に住んでいるのか、それさえ知らなくても生活が成り立つことが常識になっているようです。
それでも、日常の挨拶や何かあったときにはお互いに助け合えるというつながりがあった方が良いでしょう。
そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越したらすぐに、ちょっとした品を携え、お隣に顔見せの挨拶をしましょう。引っ越しすることに伴い、エアコンを処分する事に決めました。一般的な賃貸ですと、エアコンが付いています。今住んでいるところは、古い寮のため、エアコンが欲しければ自分で用意しないといけませんでした。今更ながら寮でなく、賃貸にすべきだったとほとほと後悔しています。
無駄なお金を一円でも使いたくなければ見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、直接見てもらうことが難しければおよその荷物の量を電話で具体的に伝えるだけでもいくらくらいかを教えてもらえます。
他の業者はいくらだったというと相場より若干値引きしてくれることもあるので損をしたくなければ、複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。
どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。買うことや譲ってもらうこともできますが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時にこうした梱包材を無料でもらえるケースが増えています。
契約が成立すれば無料なのに結局ダブってしまったと後悔しないよう、まずは見積もり依頼の時に念を入れて確かめてください。
独身時での引っ越しは、家具や電化製品も大きいものがなく、業者に頼むことなくできていました。しかし、結婚してから引っ越しをやるとなると、冷蔵庫や洗濯機といった大型家電がたくさんになり、とても大掛かりとなるため、引っ越し業者に依頼しました。業者に任せると、電化製品の設置も行ってくれるので、すごくラクにできました。
部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。
部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、実際に作業できる人数は何人か、などの条件で甚だしく異なってくるからです。それでもかなり大雑把にいうと、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば約2時間くらい、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。家移りも本格的になると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日作業に費やすでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあれば事前に終わらせておくことが大事です。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを絶対条件としても、引っ越し当日に使うと考えられるものは運び出す荷物とは分けてすぐ使えるようにしておくと楽です。新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるならもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。「免許証は所持しているだけで殆ど車は運転しない」という理由で、次回の免許更新の日を迎える時まで免許証の住所記載は変えなくても構わない、という人もおられますが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。
一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。
銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。住所変更だけなら手数料もかかりませんし、なるべく早めに済ませてしまいましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑